近現代史研究会[PandA会]HomePage

| HOME |

更新日 2015-04-10 | 作成日 2008-12-09

2015.04.10 第29回聴講会報告をUP
2015.03.12 次回聴講会のお知らせを更新しました。
2014.06.12 第28回聴講会報告をUP
2014.05.16 次回聴講会のお知らせを更新しました。
2013.12.09 第27回聴講会報告をUP
2013.11.22 次回聴講会のお知らせを更新しました。
2013.10.07 第26回聴講会報告をUP
2013.09.16 次回聴講会のお知らせを更新しました。
2013.08.05 活動報告第9回フィールドワーク 横須賀~海軍の足跡を辿って~」を更新しました。
2013.07.26 第25回聴講会報告をUP
2013.05.24 第24回聴講会報告をUP
2013.04.07 第23回聴講会報告をUP
2012.12.14 第22回聴講会報告をUP
2012.10.27 戦跡アルバム「支那大陸訪問記」をUP
2012.09.28 第21回聴講会報告をUP
2012.07.29 第20回聴講会報告をUP
2012.06.30 活動報告第8回フィールドワーク 鉄道聯隊の遺構を訪ねて ~松戸・千葉周辺の軍事遺跡を巡る」を更新しました。
2012.05.29 第19回聴講会報告をUP
2012.05.09 活動報告第7回フィールドワーク “日本海軍潜水艦のイロハを学ぶ”」を更新しました。
2012.04.04 第18回聴講会報告をUP
2012.01.29 第17回聴講会報告をUP
2011.11.16 活動報告第6回フィールドワーク “エリート士官を育てた幼年学校の教育と日常”」を更新しました。
2011.10.02 第16回聴講会報告をUP
2011.08.15 第15回聴講会報告をUP
2011.05.30 第14回聴講会報告をUP

Infomation

当会では、二ヵ月に一度の聴講会を開催し、平成25年末で第27回を数えました。
しかしながら講師として来てくださる戦争経験者の方々が減少しつつあるため、今年(平成26年)からは、不定期開催といたします。
聴講会への参加ご希望の方は、 右枠のメーリングリスト申込にお名前とメールアドレスを入力してください。
聴講会開催時にはご案内のメールを差し上げます。
なお、国内の戦跡巡りなどフィールドワークについてもご案内をいたします。

次回聴講会のお知らせ


未定。決まり次第、更新いたします。


近現代史研究会第29回聴講会が開催されました

◆近現代史研究会 聴講会(第29回)概要◆

  • 講演テーマ:「特年兵が見た戦争~比島沖海戦から朝鮮掃海まで~」
  • 講師:出雲 博 先生

◆開催日時

  • 平成27年4月4日(土)14時~18時

◆開催場所

  • アークヒルズコミュニティーセンター
  • 住  所:港区六本木1-3-39 アークタワーズイースト2階
  • アクセス:地下鉄南北線 六本木1丁目駅 3番出口より徒歩3分

聴講会中のスナップ     聴講会中のスナップ
当時の様子を語る出雲博先生     出雲博先生を囲んでの集合写真


◆講師プロフィール

  • 出雲 博(いずも ひろし)
  • 昭和2年、島根県生まれ(88歳)。海軍特別年少兵第一期生として15歳で呉鎮守府大竹海兵団に入隊。昭和18年12月「伊勢」乗り組み、20年3月、標的艦「大指」艤装員。同年、呉海兵団を経て徳山燃料庁所属。戦後は復員輸送に携わり、昭和23年4月、海上保安庁航路啓開部隊に入隊。朝鮮戦争では試験船「泰正丸」に乗り組み、掃海に従事。その後、海上自衛隊に入隊、幹部候補生学校幹部予定者課程を経て、第二術科学校で教官、教材課長などを歴任。昭和52年6月、「ふじ」応急長を最後に3等海佐で自衛隊を定年となった。

参加者の感想

同じ体験をされても、出雲さんのように海軍に対する思い、尊敬する気持ちを持たれない方もいらっしゃるかと思 います。ですが、ご自身の体験をとても肯定的にとらえ、良い事も悪い事もお話しされていらっしゃるので、私も素直に話を受け入れられまし た。とにかく明るくお話しされているので、私も明るい気持ちになりました(笑)。以前少しお伺いした横浜大空襲のお話を詳しくお伺いした かったです。どうもありがとうございました!

(42歳・男性)

本日は大変貴重なお話を伺う事ができ、ありがとうございました。出雲さんの張りのある大きな声でのお話には圧 倒される思いで引き込まれてしまいました。人生、一期一会と言いますが、5回の転勤先ではすべて人格のすぐれた上官・先輩に恵まれたとの事、誠実に生きてこられた出雲さんならではのお 話と感じ入りました。また戦後、掃海に従事された事は日本の復興に大きく貢献された事と思います。楽しくお話を伺いましたが、ご苦労も多 かったと思います。貴重なお話、ありがとうございました。

(59歳・男性)

以前映画で観た『海軍特別年少兵』の実際のお話を聞く事ができました。昭和生まれの方の実戦のお話も珍し いと思います。特に、昭和20年2月、シンガポールから帰る話を実際に聞けた事に喜びを感じて います。昭和20年になって戦艦が行動する事はほとんどないので、これもまた珍しい話と思います。沖縄のひめゆり資料館で も、実際に参加された方のお話は終了するそうですが、実際に参加された方のお話はますます貴重なものになると思います。体験された方 のお話の迫力には追い付かない事を常々感じます。海軍がすべて、は良い言葉でした。以前にも海軍でも生活は2年だったが、それは特別 の期間であり、その後の長い期間よりも濃いものであったとおっしゃった方がいらっしゃいましたが、まさしくそれであったと思います。

(50歳・男性)

お声が元気で張りがあるのに先ず感銘を受け、ご記憶がはっきりしてユーモアを交えてのお話にぐいぐいと引き込 まれました。「伊勢」着任時の姓名申告を当時の口調でされたときには姿勢を一層正しくされ、確かに海軍の伝統を現代までつないで来られた 方だとの感がありました。やはり回天菊水隊で戦死された村上少尉のエピソードが一番印象深かったのですが、組織の印象は対応した人に左右 されることを良く認識させられました。特年兵の活躍した時期は戦争末期のため陰惨な話ばかり伝わっているように思いますが、考えを改める 必要がありました。

(48歳・男性)

聴講会 活動報告 詳細はコチラ

戦跡アルバムクイックリンク

ソロモン諸島
ソロモン諸島
-Solomon Islands -
ソロモン諸島、ガダルカナル島・ニュージョージア島ムンダ・コロンバンガラ島を収めたアルバムです。

ソロモン諸島アルバムへ

キリバス
キリバス
-Republic of Kiribati-
キリバス共和国、タラワ・マキンを収めたアルバムです。

キリバスアルバムへ

太平洋の戦跡を訪ねて
太平洋の戦跡を訪ねて

戦場となった南の島々を巡る写真紀行のページ

太平洋の戦跡を訪ねてへ

ブーゲンビル島
ブーゲンビル島
-Bougainville Island-
2009年7月11日から18日にかけ、全国ソロモンによるブーゲンビル島慰霊巡拝に同行した松村会員が撮影した写真を収めたアルバムです。

ブーゲンビル訪問記アルバムへ

 

   

関連リンク

戦史検定

メンバーブログリンク

ガダルカナル島 『丸山道』自主派遣隊公式ブログ ガダルカナル島 『丸山道』自主派遣隊公式ブログ
遺骨帰還活動を行う学生が、『丸山道』自主派遣隊の様子をお知らせします。

日々是熊猫日記PandA会代表笹幸恵ブログ

PandA会メーリングリスト申込

聴講会のお知らせメールをご希望の方はこちらからお申し込み下さい。

*氏 名
*E-mail

GIF_gry_Memo.gif関連書籍

沖縄戦 二十四歳の大隊長: 陸軍大尉 伊東孝一の戦い (WW SELECTION)
笹 幸恵
学研パブリッシング
売り上げランキング: 4,927

映すは君の若き面影 大東亜戦争70年展II 靖國神社遊就館講演録
笹 幸恵
青林堂
売り上げランキング: 30,059

「日本男児」という生き方
笹 幸恵
草思社
売り上げランキング: 3,570

白紙召集で散る
白紙召集で散る
posted with amazlet at 09.01.19
笹 幸恵
新潮社
売り上げランキング: 86723

女ひとり玉砕の島を行く
笹 幸恵
文藝春秋
売り上げランキング: 71659

日本潜水艦総覧 1905年~
日本潜水艦総覧 1905年~
posted with amazlet at 09.09.20
勝目純也
学習研究社